August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

幸【しあわせチーズ工房】

 

 

しあわせチーズ工房を代表する商品「幸」は、

放牧された牛から夏の間にとれたミルクだけを使ってつくられています。

 

足寄町の広大で自然豊かな土地で

放牧酪農をしている「ありがとう牧場」のミルクを使って作られたチーズは

口に入れた瞬間華やかな味わいが広がり、

栗のような、チョコレートのような、キャラメルのような甘みもあって

本当にこれチーズ!?と思うほどです。

 

 

食べ方は、表皮の茶いと部分を切り落として

中身をスライスして食べてください。

そのまま食べるのがおすすめですが、溶かして食べたときのコクもすごいので

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

食べやすさ ★★★☆☆
クセ ★★☆☆☆
におい ★★★☆☆
塩味 ★★★☆☆
甘み ★★★★☆
硬さ ★★★☆☆

 

(しあわせチーズ工房についてはこちら)準備中

 

 

 

 

 

 

 

 

マルセラン【ニセコチーズ工房】

 

2016年6月〜8月のJAL国際線ファーストクラスの機内食としても使われたこちらのチーズ。

ファーストクラスのものを地上で食べられるってすごくないですか!?笑

 

こちらのマルセランは「酵母菌」というパンやお酒の発酵に使われる菌でできています。

 

見た目は真っ白でまるで雪見大福。

すごくきれいです!

 

熟成が浅いうちはあっさりとしていて酸味のあるクリームチーズのような味わい。

牛のミルクで作られたチーズですが、どこかシェーブル(羊のミルクでできたチーズのこと)

のような味わいが感じられます。

さすがファーストクラス。上品な味がします。。。笑

 

熟成が進むとだんだんトロトロになり、塩味が増してより濃厚な味わいに。

熟成の違いが分かりやすいチーズです。

 

ややクセはあるので、好き嫌いは分かれるかもしれませんが

ワイン好きの方にオススメ。

 

そのまま食べるのはもちろん、クラッカーやパンに乗せて食べてもOK!

ハーブとの相性がいいので、塩コショウとハーブをちらして食べてもいいかもしれません。

 

食べやすさ ★☆☆☆☆
クセ ★★★★☆
におい ★☆☆☆☆
塩味 ★★★☆☆
甘さ ★☆☆☆☆

硬さ ☆☆☆☆☆

 

(ニセコチーズ工房についてはこちら)準備中

 

 

 

 

雪花【ニセコチーズ工房】

 

これは何も語らずとも食べればわかる大人気チーズ。

うちの店はよくチーズケーキのお店と間違えられることが多いのですが、

そんなお客様にはこちらのチーズをスッと差し出しています笑

 

甘く味付けたチーズの周りには、

パパイヤとパイナップルのドライフルーツがまぶしてあり、

見た目も宝石のようにきれい。

チーズパーリーなんかにこれがあるだけで、華やか〜な空間に。

 

味は本当にチーズケーキを食べているかのようなんですが、

やっぱりチーズなのですごくさっぱり食べられます。

 

しかもこれスイーツとしてはもちろん、お酒のあてにもなっちゃうんです。

スパークリングワインや日本酒との相性は最高で、

作り手の近藤さんの一押しは日本酒の大吟醸!

口の中で化学反応!?が起こるそうで、

私も試してみたんですが、もう言葉にならないのでぜひ実践してみてください笑

 

食べやすさ ★★★★★
クセ ☆☆☆☆☆
におい ☆☆☆☆☆
塩味 ★☆☆☆☆
甘さ ★★★★★

 

(ニセコチーズ工房についてはこちら)準備中

 

 

 

チーズの食べ方について

 

チーズの食べ方

 

ほのか商店の商品を手に取っていただきありがとうございます。

 

下記リンクにて、チーズの食べ方を紹介しておりますので、

該当商品をクリックして、商品詳細ページをご覧ください。

 

チーズ工房名をクリックすると、チーズ工房の詳細も出てきますので

ご興味のある方はぜひご覧ください!

 

 

製造者:ジャパチーズアサヒカワ

・チェダー

・モッツアレラ

・チェダーブラウン

 

製造者:有限会社NEEDS

・槲

・大地のほっぺミニ

・ラクレット

・カチョカバロ

・みそちーず

・さけるチーズ(プレーン/ペッパー)

 

 

製造者:有限会社冨田ファーム

・ジャパンブルーおこっぺ

・冨夢6・7か月熟成

・おこっぺ大地

・おこっぺ山のチーズ

・ミモレット仁

・ヌプル 準備中

 

製造者:しあわせチーズ工房

・幸 準備中

・しあわせラクレット 準備中

・羊のチーズ 準備中

 

製造者:ニセコチーズ工房

・雪花 

・マルセラン 準備中

・粉雪 準備中

・カマンベール 準備中

・空 準備中

・ミモレットクラッシュ 準備中

・ゴーダクラッシュ 準備中

 

製造者:新札幌乳業株式会社

・小林牧場物語手作りブルーチーズ 準備中

・小林牧場物語手作りブルーチーズ超熟成

・小林牧場物語手作りカマンベール 準備中

 

製造者:酪楽館

・鶴居シルバーラベル 準備中

・鶴居ゴールドラベル 準備中

 

 

 

 

 

 

 

 

小林牧場物語超熟成手作りブルーチーズ【新札幌乳業】

 

関西にもファンが多いこのチーズは、ブルーチーズ好きの人にはぜひ一度

食べてほしい!

口当たりがすごくなめらかでクリーミー。

少し甘さも感じつつ、しっかりと青かびのパンチもあって、

かつ、しょっぱさ、クセもまろやかで食べやすい!という

いいとこ取りのブルーチーズです。

 

こちらは「超熟成」タイプ、ということで

ベーシックな青い箱の方よりも、ブルーチーズの風味を増したタイプ。

ちょっと辛口なブルーが好きな方はこちらの超熟成がいいと思います。

 

ブルーチーズというとカットされて販売されているものが多いんですが、

こちらの商品は小型のものを丸々熟成させて、そのまま販売しています。

表面にびっしりカビがついたものを見る機会ってなかなかないですよね。

 

食べ方は、外皮を取り除いてもらってそのまま食べてもらえばいいんですが、

はちみつや甘い果物とも相性がとてもいいので、パンに乗せたりしてぜひ一緒に食べてみてください。

 

あとお料理でおすすめは、生クリームと一緒にフライパンに放り込んで

パスタと和えるだけのやつ!!(正式な名前を知らない笑)

めちゃめちゃに簡単ですし、ブルーチーズ苦手という方でもこれなら食べられると思います。

 

食べやすさ ★☆☆☆☆
クセ ★★★★☆
におい ★★★☆☆
塩味 ★★★★☆
甘さ ★★☆☆☆

 

※こちらはネットショップでの取り扱いはまだしておりません。

御所望の方は、店舗(078-223-5413)までご連絡ください。

 

ミモレット仁【冨田ファーム】

 

 

鮮やかなオレンジ色をしたこのチーズは「ミモレット」というチーズ。

なんと、チーズダニと呼ばれる“ダニ”で作っているチーズなんです。

もちろん食べる部分にはダニはいないので、抵抗がある方も安心してください笑

(ちなみにダニ部分を食べたとしても問題はないとされています)

 

熟成が進むと「からすみのような味」と例えられるミモレットですが、

冨田ファームさんのミモレットはあっさりとして食べやすく、

ミルクの甘みがしっかり感じられるチーズとなっています。

 

食べ方としては、スライスしてそのまま食べていただくか、

(表皮はなるべく切り落として食べていただくのがおすすめです)

硬くなってきたら粉チーズとしても使っていただけます。

ワインとか日本酒とかとも合わせてもおいしいですよ。

 

ミモレットは鮮やかなオレンジ色をしていますので、

食卓に並ぶだけでもすごく華やかになります。

私はニンジンが嫌いなので、食卓にオレンジが足りない場合は

このミモレットを並べようと思います笑

 

食べやすさ ★★★★★
クセ ☆☆☆☆☆
におい ★☆☆☆☆
塩味 ★★☆☆☆
甘さ ★★★☆☆

 

(冨田ファームについてはこちら)準備中

 

 

 

おこっぺ山のチーズ【冨田ファーム】

ケーキのような形をしたウォッシュタイプのチーズ。

ウォッシュタイプとは、表面を塩水などで洗いながら熟成させるチーズのことで

割とにおいがあったり、クセが強かったりするのが多いです。

 

しかしこちらの山のチーズは、ウォッシュにしてはとても食べやすく、

ウォッシュデビューを飾るのにぴったりのチーズ。

 

表皮にクセが少しあるので、苦手な方は中身だけ、

クセが大丈夫という方は表皮ごと食べてみてください。

 

中身だけだと、とてもクリーミーでバターのようなコクがあります。

表皮と一緒に食べると、塩味と独特のクセ、少し香ばしさもあるような味わいに。

 

そのままカットして食べてもよいですが、写真のように中身だけすくって

クラッカーなどにつけてもおいしいです。

 

フランスでは、こういったタイプのチーズをまるごとグラタンのようなものに乗せて

オーブンで焼く料理がありますので、そういった使い方もできます。

 

わたしも料理に使ったことがあるのですが、

部屋にチーズのにおいが充満することは覚悟してください笑

 

食べやすさ ★★☆☆☆
クセ ★★★★☆
におい ★★★★☆
塩味 ★★★☆☆
甘み ★★☆☆☆
硬さ ★☆☆☆☆

 

(冨田ファームについてはこちら

 

 

 

 

 

 

冨夢6・7か月熟成【冨田ファーム】

 

冨田ファームは興部(おこっぺ)町という、北海道でも有数のおいしい牛乳の産地にあります。

おこっぺってなんですか?とよく聞かれるんですが、町の名前です。

アイヌ語の「オウコッペ」(川尻の合流しているところ)が訛っておこっぺになったそう(wikipediaより)。

(北海道は割と ”っぺ” とか ”っぷ” とかがつく地名多めです)

 

一度冨田ファームへ行ったことがありますが、道中、鹿、鹿、牛、鹿、牛!という感じで

すごくのどかなところでした。伝わります?笑

 

(冨田ファームについてはこちら

 

そんな町にある冨田ファームで作られたチーズはどれもミルクの味が濃い!!

特にこちら、冨田ファームの代表作ともいえる「冨夢(とむ)」は

噛めば噛むほど旨味が出てきて、しっかり牛乳のおいしさがわかるチーズとなっています。

 

クセのあるのが苦手、ナチュラルチーズが初めてという方はぜひこの冨夢から

試していただくといいかも。

 

食べ方は、スライスしたものをそのまま食べたり、

サンドイッチに挟んだり。

この冨夢は朝食向きのチーズかなあと勝手に思ってます。

焼きたてのトーストとコーヒーと一緒にこの冨夢を食べる・・・

絶対、最高の一日になりそうですよね。

 

あと、スライスするときにピーラーで薄ーく切って食べても、

しっかり味を感じられるので、それもおすすめ。

硬いのが苦手という方は、こういう食べ方のほうがいいかもですね。

 

食べやすさ ★★★★★
クセ ☆☆☆☆☆
におい ☆☆☆☆☆
塩味 ★★★☆☆
甘み ★★★☆☆
硬さ ★★★★☆

 

さけるチーズ(プレーン/ペッパー)【有限会社NEEDS】

 

日本人にはおなじみのさけるチーズです!

もうこれには説明はほとんど必要ないでしょう笑

 

こちらのさけるチーズは、もちろん新田牧場の良質なミルクをつかっているので、

ミルクのやさしい甘さがしっかり感じられる仕上がりになっています。

また、牛乳と塩のみで作った無添加の安心安全なチーズなので、

小さなお子様のおやつとしてもぴったり。

(※ペッパーはコショウの粒が入っています)

 

味はプレーンとペッパーがありまして、

ペッパーはホワイトペッパーの粒が丸ごと入ったおつまみにもぴったりなチーズ。

辛さというより、香りを楽しんでいただくタイプです!

 

食べ方はそのまま裂いて食べていただくのはもちろん、

一口大に輪切りにしたものを焼き目がつくまで焼くと、もちもちっとしておいしいですよ。

 

食べやすさ ★★★★★
クセ ☆☆☆☆☆
におい ☆☆☆☆☆
塩味 ★★☆☆☆
甘さ ★★★☆☆
硬さ ★☆☆☆☆

 

(有限会社NEEDSについてはこちら)準備中

 

 

みそちーず【有限会社NEEDS】

 

「みそちーず」

これ字面を見ただけで、絶対おいしいと確信しました笑

最近うちに入荷するようになった、こちらのチーズは

NEEDSさんの誰でもたべやすいチーズを、

みそ漬けで有名な「たむらや」さんの味噌に漬けた商品。

 

甘めな味付けのたむらや秘伝の味噌だれに漬かったチーズは、もう・・・

美味しいに決まってますよね笑

 

そしてパッケージは和風な感じで高級感があるので

贈り物としても喜ばれるのではないでしょうか。

 

チーズはそのままカットしてお酒のあてとして。

これは日本酒に最高に合いますので、ぜひ試してみてください。

チーズをアツアツの白ごはんにかけてもおいしいです泣

(おいしすぎて泣いています)

 

チーズは袋に味噌だれと一緒に入っているのですが、

この味噌だれが実は結構な量あります。

捨てるのはもったいないので、ごはんにかけたりお料理に再利用したりしてくださいね!絶対ですよ!笑

 

※こちらはネットショップでの取り扱いはまだしておりません。

御所望の方は、店舗(078-223-5413)までご連絡ください。

 

食べやすさ ★★★★★
クセ ☆☆☆☆☆
におい ☆☆☆☆☆
塩味 ★★☆☆☆
甘み ★★★★☆
硬さ ★★★☆☆

 

(有限会社NEEDSについてはこちら)準備中

123>|next>>
pagetop